WindingArt Racing

ワインディングアートレーシング メンバー

チームメンバー





長屋 伸浩:チーム監督
ライダーとしては95年のSUGOのレースで頚椎捻挫、肩骨欠損という怪我をして引退・・・・・・・・・・したはずだったが、?しかぁし
2000年、何の変化か・・・(知る人ぞ知る)、復活を目指し日夜ダイエット。
昔着てたツナギが着れるようになったその年の夏、また、マシンと格闘を始めた。ところがまた着れなくなった最近、サーキットを走れずにいる・・・・
年齢:45歳  
入れ替え中 菅野  剛:現在我がチームのエースライダー
一時はオープンクラスでCBR600F4i、CBR900を駆り、橋本と共にもて耐に出場したが、現在はミニバイクにもどり、自ら、エビスサーキットドリフトランドにてRSKGPを主催。そして誰もが認めるファーストライダーでもある。
今シーズンは、筑波1000で行われるリンクスのミニバイクレースにも参戦している。
入れ替え中 :主宰同様復活を狙ってる ツノケンこと、
角田 賢一
88年SUGOSP250Fクラス シリーズチャンピオン
その後、レースから離れていたが、長屋に、ミニバイクに誘われたのがきっかけで、現在は、年に1〜2度、耐久レースに参戦。長屋&角田組は、我がチームの古くからの名コンビであるが、まだまだ若手には負けないパワーの持ち主。
入れ替え中
結婚してからも、家族の理解のもとに、自分なりにレースを続けている福ちゃんこと、三瓶宏樹。(前の名字が福田だったため)
今では、立派なお父さんになってしまいました。
でも、チームの若手に先を越されまいと、今だ現役で頑張っている。なかなか転ばない安定した走りで、耐久レース向き!
普段はGSF1200をライディング。冬はボーダーに変身。
入れ替え中
チーム1の不良中年!”きむじい”こと、
  木村正人   山形県小国町在住。
完全に名前負けしてるのは誰もが承知!
レースではリタイヤすることで有名!きむじいのTZMは
ゴールしただけで、拍手を受けられる。
レース歴は、88年にSP250Fの経験があり、現在は
K3サンデーレースにも、参戦している。
街乗りは”1100刀改”だったが、あまり、旧車でムチャをするため壊れてしまい、現在乗るバイクな〜し!
入れ替え中 チーム1若手のライダーだった”モンジュ”こと   門馬 淳一。
現在は”きむにゃ”が入ってきたため若手No2になった。高2の時にチームにはいり、NSR50でレースを戦う。そして、高3の年にはNSR150をHRCから借り、中国のアジア選手権に出場。

結果は転倒リタイヤだったが、高校時代に貴重な経験をすることができたと本人は語る。

ここ1発の速さはあるが、転倒も多いのがたまにキズ!
エビス西コースや南コースのレースでは入賞経験もある。
今ではCBR600にも乗れるライダーに成長。
入れ替え中 エビスミニバイクでは、ドライ、ウェット、共に安定した速さの持ち主。
   郡山在住  橋本 稔
ホームコースのエビス西コースでは、エースの菅野と熱いバトルを見せてくれる!
入賞経験も豊富で、転倒が少ないライダー。
最近は、知り合いのチームから、”もて耐”に出場!
なんと6位入賞を果たしてしまった。
普段はオチャメなパパでーす。

最近はバイクのレース自体が少なくなり、エントリーできるレースがあまり無いこともあって、新たなレース結果をお伝えすることができませんので、過去の結果ですが、御覧下さい。

今シーズン チーム主催の「RSKGP」が復活します。
5月15日(日) エビスサーキット ドリフトランド   ミニバイク、キッズクラス、スプリントレースと3周で争うガチンコバトル!

8月21日(日) エビスサーキット 西コース(2.1km) 4時間耐久ミニバイクレース 
11月20日(日) エビスサーキット ドリフトランド ミニバイク、キッズクラス、スプリントレース、ガチンコバトルあり。